オリジナル紙袋を作るとき、イメージから素材を選ぶと便利です

オリジナル紙袋を作るとき、サイズとオーダープランを決めたら、次は素材の選定です。紙と提げ紐を決定します。でも、たくさんの種類があるし、どれを選んだら良いのか迷ってしまうというお声がありました。素材選びに迷ったら、最終的なイメージから導き出してください。その上で、ご予算に合うかどうか検討されると素敵な紙袋ができますよ!見積もりは無料ですので、バージョン違いの複数の見積もりでもお気軽にお申し付け下さい。

  • カジュアル、ポップなイメージの紙と紐

    カジュアル、ポップなイメージの紙と紐|

    カジュアルなデザインなら、紙は未晒クラフト紙、晒クラフト紙、片艶晒クラフト紙がおすすめ。未晒クラフト紙は茶色いクラフト紙、晒クラフト紙は漂白した白いクラフト紙です。片艶晒クラフト紙は平滑処理された少し光沢のあるクラフト紙。食品、アパレル、コスメ、雑貨など何にでも合います。
    紐はPPヒモ、紙単丸ヒモがおすすめ。安価な素材なのでコスト削減にも貢献します。素材は安いですが、強度は他の高級な紐と比べても見劣りしませんので、ご安心下さい。

  • 高級感、フォーマルなイメージの紙と紐

    高級感、フォーマルなイメージの紙と紐|

    ハイクラスな紙袋を作るなら、紙はコート紙がおすすめです。コート紙はコート剤を塗布したつるりとした紙で、印刷適性が高く、美しい仕上りが得られます。写真のような緻密なものだけでなく、単にベタで平面を印刷しても、発色の良さが実感できます。
    紐は、エクセルフィラメントやアクリル丸ヒモ、アクリル平ヒモがおすすめ。機械で貼付けるOFJタイプでなく、手作業で取付ける穴タイプにすると、特別感が出ます。

  • 紙の厚さ、紐の長さについて

    紙の厚さ、紐の長さについて|

    紙と紐は、オーダーフォームでは種類のみ選択いただきます。紙の厚さ、紐の長さについて記入する欄はありませんが、ご希望があれば指定することも可能です。備考欄にご記入下さい。具体的な厚さや長さが不明な場合、「厚手の紙希望」「肩から下げられる紐の長さで」などの書き方でかまいません。弊社よりご提案いたします。
    特にご希望の記入がない場合は、紙袋のサイズからスタンダードな厚さの紙、ちょうど良い長さの紐をご提案いたします。

新着コラム

コラムをもっと見る

SPECIAL CONTENTS

  • お客様の製作事例 CUSTOMER CASE|沢山のお客様にご利用いただいた、紙袋製作事例をご紹介いたします。製作のご参考にご利用ください。
  • よくあるご質問|紙袋製作に関するご質問をQ&A形式でご回答します
  • ご利用ありがとうございます!お客様の声