紙袋の表面処理 PP、ニス、箔押しの違いを解説

表面処理とは、紙の表面に対する印刷以外の加工のこと。印刷の保護、紙自体の保護、装飾の目的で行います。弊社の紙袋では、PP加工、マットPP加工、ニス引き、箔押しをすることができます。そのほかの表面処理でメジャーなものでは、エンボス加工というものもありますね(弊社では行っておりません)。それぞれに特徴があり、価格も異なります。加工費用が安い順にご説明します。

  • ニス引き

    ニス引き|

    紙の上から樹脂製の液体を塗って薄くコーティングする方法です。安価に印刷を保護することができるのでおすすめです。特に、ベタ印刷をした場合は水濡れや擦れによってインクが落ちることがあるので、ニス引きをおすすめしています。広い面積に濃い色を印刷した時も、万一を考えるとニス引きした方が安心です。PPと異なり任意の部分だけ塗布できるので、版を作り、ニス自体を透明のインクと考えて独特の表現をすることもあります。光沢は薄く控えめなので、反射しにくいです。

  • PP(グロスラミネート)とマットPP(マットラミネート)

    PP(グロスラミネート)とマットPP(マットラミネート)|

    紙全面にポリプロピレン製の薄いフィルムを熱と圧力で貼付ける方法です。紙に高い強度と撥水性を与えることができます。特に破れに強いので、雑誌の表紙によく使われます。ニス同様、ベタ印刷のインクの落ちを防ぐためにおすすめです。また、コート紙に印刷した際は、折り目の印刷が割れるのを防ぐため、PPは必須となります。グロスタイプは強い光沢があり、反射すると文字などは読みにくいという欠点があります。マットタイプは感触がサラリとしています。部分的な加工はできません。

  • 箔押し(ホットスタンプ)

    箔押し(ホットスタンプ)<br />
|

    装飾のため、薄いフィルムを部分的に熱と圧力で貼付ける加工です。昔は薄く伸ばした金属箔が使われ、本の装丁や封筒などに用いられていました。弊社では現在、金属質とビニール質の箔をご用意しています。箔は不透明な素材なので、下地の色に影響されません。濃い色、複雑な模様の印刷の上から箔押ししても存在感があります。高価な商品に使われる紙袋、記念品の配布など、特別な用途の紙袋におすすめです。箔押し面積に応じて費用が変わりますので、ポイント使いが良いでしょう。

新着コラム

コラムをもっと見る

SPECIAL CONTENTS

  • お客様の製作事例 CUSTOMER CASE|沢山のお客様にご利用いただいた、紙袋製作事例をご紹介いたします。製作のご参考にご利用ください。
  • よくあるご質問|紙袋製作に関するご質問をQ&A形式でご回答します
  • ご利用ありがとうございます!お客様の声