よくある質問回答シリーズ:紙袋のデザインに困った場合はどうすれば

紙袋のデザインに必要なものは二つ。素材と、DTPソフト(それを動かせるPC環境)です。素材とは、ビジュアル素材(ロゴ、イラスト、写真など)と、テキスト情報(キャッチコピー、電話番号、住所、URLなど)があります。DTPソフトは、Adobe Illustratorが必須。なんだか面倒そうですが、ご安心下さい。どこまでこだわるかと、予算に応じて紙袋のデザインをする方法がいくつかありますので、ご紹介します。

  • 予算と納期がない場合。弊社におまかせ(一番簡単!)

    予算と納期がない場合。弊社におまかせ(一番簡単!)|

    簡単なロゴや電話番号の配置のみでしたら、弊社が無料で承ります。お客様には、素材の支給、色や簡単な配置場所の指定のみお願いいたします。ただし、複雑なレイアウトはできませんので、あくまでも簡単なものとなります。ご了承下さい。
    どこまでやれるのか具体的な質問があれば、お気軽に問い合わせフォームよりお尋ねください。
    完全データ(修正の必要がない入稿データ)作成までがスピーディーですので、納期まで時間がないお客様にもおすすめです。

  • 予算があり、こだわりたい場合。プロに依頼

    予算があり、こだわりたい場合。プロに依頼|

    デザイナーとつながりがない方は、まずはデザイナーを探します。一番簡単なのは広告代理店に丸投げすること。代理店は色々な制作会社と付き合いがあり、進行も代行してくれます。デメリットとしては、中間マージンが高い、担当者がハズレだとクリエイターと意思疎通がうまくいかないことがある、という点です。
    制作会社を自分で見つけることもできます。「デザイン事務所」「デザイン 制作会社」などの言葉に地域名を足して検索しましょう!できれば印刷デザインに長けた会社がベスト。印刷についての専門知識や、色見本、紙見本などを持っているためです。

  • 予算がないけど、こだわりたい場合。自力で作成!

    予算がないけど、こだわりたい場合。自力で作成!|

    ご自身でデザインにトライするのが、最も安上がりです。Adobe Illustratorは無料でダウンロードできます。最初の一ヶ月間はお試し版として、フル機能を無料で使うことができます。翌月以降は月額制で、2,354円/月です。
    プロ用のアプリケーションですが、学生さんや主婦など趣味で使用している方も多くいます。Adobeのサイト内にあるチュートリアル、ネット検索で得られる知識だけで、簡単なデザインならできるようになります。ダウンロードはこちらから

新着コラム

コラムをもっと見る

SPECIAL CONTENTS

  • お客様の製作事例 CUSTOMER CASE|沢山のお客様にご利用いただいた、紙袋製作事例をご紹介いたします。製作のご参考にご利用ください。
  • よくあるご質問|紙袋製作に関するご質問をQ&A形式でご回答します
  • ご利用ありがとうございます!お客様の声