紙の厚さの目安。新聞紙、コピー用紙、はがきは何g/㎡?

紙の厚さは、紙を1,000枚重ねたときの重さ(坪量)で表します。しかし一般的な単位ではありませんので、数字を聞いただけでは具体的にイメージしづらいと思います。そこで、紙の厚さの目安を一覧にしました。弊社の紙袋は、紙の種類だけでなく厚さを選ぶことができます。特別なご要望がある場合は備考欄にご記入下さい。特にご指定がない場合は、スタンダードな厚さをご提案します。強度が保てる紙の厚さを紙袋の大きさから割り出します。

  • 40g/㎡~…新聞紙くらいの厚さ

    40g/㎡~…新聞紙くらいの厚さ|

    特に規格があるわけではないので、新聞紙にも色々な厚みがあります。およそ40~50g/㎡です。ちなみに、色が灰色なのは古紙を再利用しているからなんですが、実は白色まで漂白することは可能なんです。カラーページもあるのに、それをしない理由は、少し色が付いた紙の方が裏写りしないからなんです。薄くて、しかも透けないバランスの良い紙なのです。

  • 50g/㎡~…薄いスーパーのチラシくらいの厚さ

    50g/㎡~…薄いスーパーのチラシくらいの厚さ|

    スーパーのチラシによく使われる厚さです。片面の一色刷りなど、透けても問題ないチラシに使われます。

  • 60g/㎡~…コピー用紙くらいの厚さ

    60g/㎡~…コピー用紙くらいの厚さ|

    コピー用紙というのは、一般的には白色まで漂白された上質紙のことを指します。厚みは色々ありますが、ビジネスシーンで最もよく見かけるのが64g/㎡あたりでしょうか。冊子の中ページにも使われる厚さです。

  • 70g/㎡~…薄いカタログ、厚めのチラシくらいの厚さ

    70g/㎡~…薄いカタログ、厚めのチラシくらいの厚さ|

    スーパーのチラシなどで多い厚さです。これくらい厚さがあると、色が抜けて裏に映りませんから両面印刷が綺麗に出ます。通販カタログの中ページも、これくらいの厚さの紙が多いです。

  • 90g/㎡~…高級なチラシ、雑誌のページくらいの厚さ

    90g/㎡~…高級なチラシ、雑誌のページくらいの厚さ|

    雑誌の中ページでも、巻頭グラビアなど写真部分に使われる厚さです。写真集もこれくらいの厚さです。チラシでは、不動産や自動車など高級商材用としてよく使われます。

  • 110g/㎡…会社パンフレット、リーフレットくらいの厚さ

    110g/㎡…会社パンフレット、リーフレットくらいの厚さ|

    二つ折りや三つ折りパンフレット、会社パンフレット、リーフレットなど、保存性を高めたい印刷物に使われています。冊子の表紙にも使える厚さです。安価に紙袋を作りたいときにも使用できます。入れるものの重さを選びますが、小さめのアパレルやなど軽いものでしたら問題なく使用できます。

  • 120g/㎡…紙袋として一般的な厚さ

    120g/㎡…紙袋として一般的な厚さ|

    スタンダードな紙袋の厚さです。弊社の紙袋は、口部分は折り返しますので、しっかりした強度が出ます。様々な用途の紙袋にお使いいただける安心の厚さです。

  • 135g/㎡…ポスター、雑誌の表紙くらいの厚さ

    135g/㎡…ポスター、雑誌の表紙くらいの厚さ|

    張りのある高級なポスターや、週刊誌の表紙などに使われる厚さです。紙袋用なら、宝飾品や時計などの高級なブランド向き。硬さ、強度を求めたい時にもおすすめの厚さです。

  • 180g/㎡…ポストカードくらいの厚さ

    180g/㎡…ポストカードくらいの厚さ|

    官製はがきよりもやや薄い、市販のポストカードくらいの厚さです。ここまで厚いと紙袋用として使用することは滅多にありません。あまり厚い紙にすると加工が難しくなりますし、在庫も場所を取るので適していません。

新着コラム

コラムをもっと見る

SPECIAL CONTENTS

  • お客様の製作事例 CUSTOMER CASE|沢山のお客様にご利用いただいた、紙袋製作事例をご紹介いたします。製作のご参考にご利用ください。
  • よくあるご質問|紙袋製作に関するご質問をQ&A形式でご回答します
  • ご利用ありがとうございます!お客様の声